運動不足解消やフィットネスとして、街の散策や通勤&通学など、ライフスタイルに気軽に取り入れて楽しむことができるクロスバイク。モビリティとして利用する方も多く、環境負荷の少ない移動手段としても評価が高まっています。
ビアンキのクロスバイクは、安定した走りと快適性が特徴の「C SPORTシリーズ」と、スポーティな走りが魅力の「ROMAシリーズ」をラインナップしています。

今回は、始めてのクロスバイクを検討している方や、ライフスタイルにスポーツバイクを取り入れたい方におススメのC SPORTをご案内いたします。

クロスバイクとは

クロスバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクの良いところを取り入れたスポーツバイク。
気軽な乗車姿勢ながらスポーティな走りと安定したハンドリング、高い快適性を両立していることが特徴です。気軽に楽しめるカテゴリーですが、スポーツバイクとしてサイクリングやツーリングなどにも対応するスペックとなっています。

C SPORTの魅力と特徴

C SPORTの大きな特徴は、「気軽な乗車姿勢と安定したハンドリング」「平坦路から登りもこなすギアを搭載」していること。スポーツ色が強すぎないバイクなので、初めてスポーツバイクに乗る方も馴染みやすく、通勤&通学、散策やサイクリングまで、幅広いシーンで楽しむことができます。

「気軽な乗車姿勢と安定したハンドリング」

ヘッドチューブ(ハンドルの下にあるフレーム)と、チェーンステイ(チェーン部分のフレーム)とを、ロードバイクやマウンテンバイクより長く設計。
その結果、上体が起きた楽な姿勢で視界が広く、ホイールベース(前後輪の間隔)が長いことで安定したハンドリングを実現しています。

「平坦路から登りもこなすギアを搭載」

クランク(前ギア)は3枚、スプロケット(後ギア)は8枚の構成。
平坦路での軽快な走りから急な登りまで、様々な環境で最適なギアを選ぶことができます。また、体力に自信のない方も、無理なくスポーツバイクの魅力を味わうことができます。

C SPORTのラインナップ

C SPORTは、「C SPORT1」と「C SPORT2」の2モデルがラインナップ。
フレームのジオメトリー(形状)や変速機(コンポーネント)などのパーツ構成は同じで、ブレーキシステムが異なっています。

C SPORT1

Vブレーキ(ホイールをゴム製のパッドで挟んで止まるブレーキ)を搭載。
Vブレーキとは、ホイールのリム(外周部分)をパッドで挟む摩擦でスピードをコントロールするシステム。雨天時は雨の影響で摩擦が下がり制動力が晴天時と比べて若干下がりますが、一般的な環境であれば支障なくバイクをコントロールすることができます。

・価格:¥74,800-(税抜価格 ¥68,000-)
・サイズ:43、47、51、55
・カラー:CK16/Dark Terquoise Full Glossy、Rocks Sand/Black Matt/Glossy、White Sand/Metal Logo

C SPORT2

油圧式のディスクブレーキを搭載。
ディスクブレーキとは、ホイールに取り付けたローター(円盤状のパーツ)をパッドで挟んで止まるシステム。油圧式は少ない力(軽いタッチ)で安定してコントロールが出来るので、Vブレーキより分のあるシステムと言えます。

・価格:¥86,900-(税抜価格 ¥79,000-)
・サイズ:43、47、51、55
・カラー:CK16/Dark Terquoise Full Glossy、 Rocks Sand/Black Matt/Glossy、White Sand/Metal Logo

C SPORTシリーズの詳細やサイズ、在庫状況については、最寄りのビアンキバイクストアならびにビアンキディーラーまでお問合せください。