【名古屋】峠へ。

こんにちは、ビアンキバイクストア名古屋の加藤です。

 

 

夏の峠に挑戦!

今回は東海三県で最も有名なヒルクライムスポットの一つ、二ノ瀬峠を登ってきました!

名古屋に住んで二年強、ようやくのチャレンジです…。

 

 

例によって名古屋市内をスタートし、以前に琵琶湖経由で京都を目指したコースを取ります。

 

途中ちょっと違うルートを使ってみたら、歴史のありそうなお寺があってびっくり。拠点の近くにこんな場所があったとは。外から少しだけご挨拶。

 

そこからはほぼ西に直進して30㎞ほど、木曾三川を一気に越えれば目の前には山。

 

 

京都行きの際はこれを避けて北上しましたが、今回は挑みます!

 

 

日頃から登りは苦手と公言しておりますが、最高33℃の気温と湿度もあって体力を削られます。ちなみにクライム開始の時刻は遅く11時ごろ…。

 

 

しかし、登れば登るほど景色が美しいのは二ノ瀬の良いところ。

景観に励まされながら漕ぎ続けます…

途中、力尽きて一度足をついてしまいました…

根性無しですみません。

 

 

そしてたどり着く山頂公園…すぐ向こうは三重との県境です。

 

 

緑が綺麗な場所ですが、自販機などがあるわけではないので、木陰で適度に休んで下山!

 

そして下りの楽しみは、爽快さと景色を楽しむ余裕でしょう。

まさにご褒美です。

 

登ってきたルートがあんなに下に…。

 

 

さて、帰りは少しルートを変えてみたら、木曽川を越えたあたりでまたも歴史のありそうな建物に遭遇。

ご本尊がどなたかは存じませんが、安全祈願のご挨拶…

 

 

という訳で、名古屋まで無事戻って参りました。

 

 

 

二ノ瀬峠は先月の雨沢峠と比べて車通りが非常に少なく、かなり走りやすかった印象です。

名古屋中心部から30㎞~40㎞ですので、距離的には単純な往復でも適度。

 

ただし、峠道で全く車が通らないわけではなく、かつ場所によっては車が対向できない程度に狭い道も。

そういった狭所は特に見通しの悪いカーブに多いので、下るときはしっかり減速しましょう。

 

 

そして、峠とは直接関係ないですがもうひとつ。

木曾川・長良川と揖斐川とのちょうど中間(上の地図参照ください)、写真の場所から少し西進したあたりにアスファルトが非常に荒れた区間があります。

穴はほとんど無いのですが、この上なくガタガタです。ここを是非…カウンターヴェイルで走ってみていただきたい!

その凄さが今一度実感できること請負です。

快適性においては加藤の愛機・InfinitoCVは最もおすすめ!

 

 

それでは、次にここに挑むときは一発登頂することを約束しつつ。

しかし次回のライドは平坦にしたいですね…。

 

ありがとうございました!

 

 

 


お客様へのお知らせ

 

ご来店の際は、入店前のアルコール消毒をお願いします。

また、マスクを着用されていないお客様のご来店はお断りさせて頂いております。

何卒ご了承くださいませ。


 

ビアンキバイクストア名古屋

愛知県名古屋市中区錦2-2-13名古屋センタービル1F

OPEN:12:00~20:00

定休日:毎月第三火曜(祝日除く)

Tel. 052-228-9511

 


 

名古屋店の情報はTwitterにて配信中!

 

【名古屋店・求人募集!】

自転車販売店でスタッフ経験のある方

※概ね2年以上

他業種でストアスタッフを経験されて

スポーツタイプの自転車及びビアンキブランドの

販売に強い興味のある方(未経験者可)

採用情報はコチラからご覧ください。