【丸の内】飯能までサイクリング!

こんにちは!

Bianchi Bike Store丸の内でございます。

 

先日Twitterでライドツイートさせていただいた飯能までのサイクリングについてこちらのブログにてまとめていきますので、

ご興味を持っていただけたら最後までお付き合いいただきますようよろしくお願い致します。

 

今回スタート地点に設定しました堀切駅を5時頃出発し、まずは荒川サイクリングロード(以下「荒川CR」と称します)を北上していきます。

 

約40kmほど北上し6時半頃に上江橋に到着!

ここからは国道16号と埼玉県道15号をひたすら西へ!

この写真を撮ってちょっと走ったところのコンビニで最初の休憩を取りました。

ロングライドをする上で重要なことはこまめに休憩や補給をすることなので、皆さまもしっかりと休憩を取っていきましょう。

 

上江橋から西へ約30kmほど進みましたら国道299号に入り、なだらかなアップダウンをおよそ15kmほど行きまして、今回のサイクリングの目的である刈場坂峠の入り口に到着!

そのままの流れで峠に入っていったので写真を撮り忘れてしまいました。

 

そして約5.5km、平均勾配8%ほどの刈場坂峠を登頂しパシャリ!

少し雲がかかってますが絶景でした!

こちらの看板の奥の景色はぜひご自身で確かめに行ってみてください!

きっと景色を含め、ヒルクライムにハマるはず!

 

それからひとまず下山し、来た道を引き返し…

登頂した際の総走行距離は90kmだったので帰路の道中このままでは200kmに届かないと考えてしまい、上江橋まで戻ってきて、そこからちょっと北上し荒川CRの定番である榎本牧場に行きまして、定番のミルクジェラートをいただきました!

 

ジェラートを食べて帰路についてる途中に再び200kmまでちょっと足りないと気づいてしまったので、これまた荒川CRの定番の彩湖にてちょっと周回をして距離を少し稼ぎ、家路につきました。

家路の途中の荒川CRの集合場所の定番である岩淵水門での1枚!

帰りは向かい風だったのでこの時はすでにヘトヘト状態、足も売り切れの完売状態でした。

 

そんな1日の走行ログがこちら、、、

休憩時間を含めてざっくり12時間のサイクリングでした。

早朝からTwitterでのライドツイートをご覧いただいた方、リツイートやいいねをしていただいた方など

たくさんの方々に見ていただいてるという気持ちがあったので200km走る事ができたと思います。

この場を借りて改めて感謝の気持ちを伝えさせてください。誠にありがとうございました!

 

 

それでは!

ここからは皆さまの休日のサイクリングコース選択の参考に今回のライドのコースを使ってご紹介させていただきます。

スタート地点は全て堀切駅で設定させてください。

 

まずは初心者さん、初級者さん、体力にあまり自信のない方向けのコースは、、、

堀切駅から岩淵水門間の往復でおおよそ20kmくらいです。こちらの往復20kmをノンストップで1時間で走れるようになりましたら、それは1時間巡航が20kmということになりますので、まずはこちらから始めていただくのがいいかと思います。

もちろん河川敷を利用している方は特に休日は多くいらっしゃるので他の河川敷利用者に気をつけながら走行してください。

続いてこちらが出来ましたら彩湖までの往復にチャレンジしてみてください。往復でおおよそ50kmくらいあります。この距離が走れるようになりましたら50kmのハードルもクリアですね。

 

続いては中級者さん向けのコースは、、、

堀切駅から榎本牧場間の往復でおおよそ100kmくらいのコースです。こちらは榎本牧場さんでジェラート休憩が出来るのでポタリングにオススメです。

もしくはヒルクライムがしたい方は刈場坂峠に行っていただいてもいいかと思います。登頂まででおおよそ90kmなので、帰りは近くの西武鉄道の正丸駅から輪行で帰るのもいいですし、往復で180kmにチャレンジしてみるのもいいかと思います。ちなみに今回のサイクリングでサドルの下に輪行袋を付けています。

遠くまでは少し気が引ける方もいらっしゃると思いますので、そんな方には彩湖での周回をオススメします。1周がおおよそ5kmなので総走行距離の設定や調整もしやすいかと思います。(今回の自分のような…)

 

今回のサイクリングコースからの参考コースは以上になります。

おまけで今回の持ち物と装備品もご紹介致します。(書き忘れがあるかもしれません…)

・先ほども出てきた輪行袋

・ボトルは1本(適宜、自販機やコンビニ等で補給してください)

・補給食の羊羹(こちらはコンビニで休憩を適宜入れる予定だったので家から持参する補給色は少なくしました)

・ツールボトル(中身はチューブ2本、携帯ポンプ、CO2ボンベ1本、タイヤレバー2本、ミニツール)

・チェーンロック

・スマートフォン

・モバイルバッテリー

・お金(1万円ほど)

・マスク

・前後ライト2つずつ

・ベル

・サイクルコンピューター(GARMIN 520)

・ヘルメット

・アイウェア(調光レンズ)

 

ご紹介させていただいきましたコースや持ち物・装備品が皆さまのサイクリングのご参考になれば幸いでございます。

 

それでは長文失礼いたしました。

 

皆さまのご来店をお待ちしていると同時にサイクリングのお土産話もお待ちしております。

 

 


下記、ビアンキバイクストアからのお願いとなります。必ずお読みの上、お問合せください。

【ビアンキバイクストアからのお願い】
1.在庫のお問合せはお電話のみでのお問い合わせとさせていただきます。
2.必要最低人数で店舗運営をしているため、タイミングによっては電話に出られない場合もございます。
3.在庫は変動する場合がございます。
4.在庫表は当該店舗のみの在庫となります。各店のへの移動、または配送サービスは行っておりません。
5.在庫商品のお取り置きは、当日のみとさせていただきます。ご来店がない場合はキャンセルとさせていただきます。
6.サイズにつきましては、店舗にてサイジングをさせていただき、適正サイズをご案内させていただきます。
7.場合によってご納車日を後日調整させていただく場合もございます。
8.メンテナンス持ち込み時は必ず事前予約をお願いいたします。
9.店舗の営業時間、営業日は変更になる可能性がございます。

ビアンキバイクストアでは新型コロナウィルス対策として下記の取り組みをしております。
リンク先をご覧ください。