【木更津】春を感じるオフロードを走ってきました

先日朝早起きをしてMTBでオフロードライドをしてきましたので、その様子をレポートしたいと思います。

 

早速ですが、本ブログの結論としましては、

 

「この季節、春を感じれるオフロードは最高に楽しいので、皆さん始めませんか!?」

 

です。

 

 

という訳で、今回はレポートとあわせまして、オフロードバイクの魅力と自転車の特徴紹介したいと思います。

それでは行ってみましょう!!

 

 


 

まずは私の愛車を紹介したいと思います。

 

アルミニウムフレームのGrizzly(グリズリー)というモデルで、29インチホイールが採用されたMTBです。

残念ながら、最新のカタログには掲載がされていないモデルになってしまいましたが、本日ご紹介させていただく

内容は現行モデルであるMagma(マグマ)シリーズでも、同様の走りがお楽しみいただけると思いますのでご安心ください。

 

この日は早朝から走り出し、まずは桜を見に行きました。

春はなんと言ってもまず桜!!この季節に自転車を楽しみたい方は桜は外せません。

季節感を感じることが出来るサイクリングは、お花見を楽しむのに最適な手段かと思います。

一日で色々なスポットを巡れますし、風や花の香り等々、五感を使って楽しむ事が出来ます。

 

続きましては裏道を進み、オフロードをアグレッシブに走りました。

 

 

桜が開花したとはいえ、日陰が多い森の中はまだまだ肌寒さを感じます。

気温の上がり下がりが激しい春はウインドブレーカーを1枚持っておきたいところですね。

この日は、これからのシーズンに向けたアップということで、攻め込まないまでも少々アグレッシブな走りをしてきました。

 

さて、ここで余談ですが、お客様から「なぜわざわざ走りづらいオフロードを走るの?」という質問をいただきますので、

今回改めてメリットを挙げてみました。日頃からオフロードをよく走る方には共感いただけると思いますので、

是非参考にしてみてください。

 

■メリット1 非日常感を楽しめる
オフロードは思いがけない事象の連続です、路面のギャップや水たまり、鳥の鳴き声や珍しい植物の発見等、
日常のライドでは感じられないエッセンスが凝縮されています。特に新しい道を走りきったときの満足感は最高です。

この日は畦道をどんどんと進み。山の方に進んで行きました。

 

■メリット2 ペダリングスキルが向上する
荒れた路面はハンドリングをより正確に出来ないといけませんし、グリップを稼ぐペダリングが自然と身につくので、
走るだけで乗車スキルが上がります。少し上級者向けの楽しみ方ではありますが、特にロードでスキルアップを目指す方は
是非チャレンジしてみてください。

この日は前日に雨が降っていなかったので、コンディションはドライで非常に走りやすかったです。
写真で見ると大したことはありませんが、なかなかの上りですのでトラクションをかけながらワシワシと登っていきます。

もちろん雨が降った後は「よりテクニカルなコース」に変わりますので、その違いを楽しむことも出来ます。(上級者向け)

 

■メリット3 シンプルに癒やし効果が高い
一言でいうところの「森林浴効果」と申しましょうか。
オンロードとは違い、ダイレクトでマイナスイオンを感じれるところが大きな魅力です。
また、今の季節では花も咲いているのもいいですね。秋には紅葉も普段とは違った角度から楽しんでいただけると思います。

この日は芝桜や、、、

「千葉県の花」でもある菜の花、、、

そして道端のチューリップが綺麗でした!!

 

さて、そんな訳で山を攻めた後は、河原で休憩しライドを締めくくりました。

走った後30分以内に食事をとったほうがトレーニング効果が高いと言われますので、この日はコンビニで買った昼食を
河原にてモグモグタイムです。

この日の走行距離としては60キロ程でしょうか。
この日は朝7時頃にスタートしましたので、ちょうど正午頃に帰路につきました。

 

とにかく自然と近い、これがオフロードの魅力かと思います。


 

では話を店内に戻しまして、最後に現在ビアンキファクトリーアウトレットに入荷している
オフロードを走れるバイクをご紹介いたします。

 

■MTB Maguma シリーズ各種 Size:38

今回のレポートででてきたバイクと同じくアルミニウムフレームが採用されたMTBです。安定感があるのが特徴ですので、

街乗りでゆったり走りたいかたや、オフロード入門機としてオススメの1台です。サイズに偏りがあるものの、38サイズ

が多めに入荷しております。

 

■All Road  Orso Size49

MTBよりも、よりスピードを求める方はAll Road(オールロード)がおすすめです。オフロード区間はもちろんのこと、

オンロードの区間も果敢に走りたい方にオススメの1台です。また同じコンディションのオフロードをMTBとAll Roadで

走った場合はAll Roadのほうがテクニックが必要になるとおもいますので、そういった意味では「テクニックを楽しみたい

中~上級者向け」になると思います。(オンロードでは逆に通常のロードより安定感があるので、エントリー向けになります。)

 

皆さんはどちらの車種のほうがお気に入りでしょうか?

店頭にはMTBとAll Roadが入荷しておりますので、是非店頭で実機をご覧ください。

※在庫は完売次第終了となります。売り切れの場合はご容赦ください。

それではまた次回のブログでお会いしましょう!!

 

在庫状況をいち早く紹介するビアンキファクトリーアウトレットTwitterはこちら

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
BIANCHI FACTORY OUTLET 木更津店
営業時間 10:00 ~ 20:00
〒292‐0009
千葉県木更津市金田東3-1-1
三井アウトレットパーク木更津
TEL:0438ー53ー8990
Twitter:@Kisarazu1885
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

安心して木更津店でお買い物ができるよう、自転車のご注文からお渡しまでの流れをご案内しております。

こちらのブログも御覧ください「アウトレットで自転車を買ってみよう

■ファクトリーアウトレット品とは下記の項目に該当する使用上製品に性能に問題がない整備品となります。
一点一点スタッフが検品確認の上、店頭にご用意しております。
・旧年度モデルの車体、パーツ&アクセサリー、アパレル、ソフトグッズ等
・カタログスペックとパーツ構成が異なる車体
・フレームにダメージが及んでいない塗装ムラやスレ、キズなどがある車体
・試乗車や撮影等で使用し使用実績がある車体
※フレーム補償内容は、3か月となります。
※使用実績がある車体については補償期間が異なります。詳しくは店頭までお問い合わせください。