【大宮】簡単?困難?チェーン清掃

皆様 こんにちは。

ビアンキバイクストア大宮店でございます。

 

いつもご愛顧いただきありがとうございます。

 

早いもので残り数日で2019年も終わってしまいます。

 

年末と言えば大掃除!

 

今年の汚れ今年のうちに

新たな気持ちで新年を迎えたいものです。

 

せっかくなのでおうちだけでなく自転車も綺麗にしてあげましょう。

自転車の清掃についてよくお問い合わせいただくのが、

 

チェーン清掃です。

 

みなさんチェーンの清掃はおこなっていますか?

清掃を怠ると、スポーツバイクのパフォーマンスが落ちてしまったり、変速性能が下がってしまう為

ビアンキ直営店では定期的な清掃(月に1回)をお勧めしております。

 

今回は汚れの落とし方から注油まで一通りご説明致します。

必要となる道具はこちら

 

 

左から、

 

●チェーンクリーナー

●フォーミングマルチクリーナー

●チェーンルブ

●マイクロファイバータオル(2つあると清掃用と拭き取り用が使い分けられるので便利です)

 

これら4つを駆使して清掃します。

 

以下の手順通り行っていただければ作業が完了します。

 

①汚れを落とす

②注油をする

③余分なオイルを拭き取る

 

 

行程ごとに写真を交えながら、やり方をご説明致します。


①チェーンの汚れを落とす(清掃)

 

清掃にはチェーンクリーナーフォーミングマルチマイクロファイバータオルを使用します。

 

まず初めにチェーンクリーナーをチェーンに吹きかけ、

 

 

付属しているブラシでチェーンの汚れを一コマ一コマをこすります。

 

 

チェーン1周分終わったらフォーミングマルチを吹きかけ、浮かせた汚れを落とし拭き取ります。

 


②汚れのないチェーンにオイルをさす(注油)

 

注油にはチェーンオイルマイクロファイバータオルを使用します。

 

チェーンクリーナーを吹きかけたときと同じようにチェーンオイルを吹きかけます。

チェーンオイルを吹きかけたら約10分間放置してください。

放置することでより内部までオイルが浸透します。

 


③余分なオイルを拭き取る

 

拭き取りにはマイクロファイバータオルを使用します。

 

注油したままの状態で走ると余分なオイルが砂埃を付着させたり、オイルが自転車や洋服に飛散してしまいます。

綺麗なマイクロファイバータオルでチェーンを握り、クランクを逆回転で5回転程回し拭き取って下さい。

 


以上で注油完了です。

 

思っていたより簡単じゃないですか?

 

 

が、注意点がございます!!

 

作業を行うときは必ず画像のようにマイクロファイバータオルでチェーンを覆ってください。

覆わないと反対側まで飛散しリムに付着する恐れがあります。

リムにオイルが付着するとブレーキが効きづらくなるなど様々な危険があります

 

↑ ホイールのシルバー面がリムです。

 

 

今年の汚れ今年のうちに、ではなく

当月のチェーン汚れは当月のうちに!

 

定期的な清掃を心掛けサイクルライフを楽しみましょう!

 

皆様のご来店お待ちしております。

 

___________________________________________

メンテナンスに関するお知らせ

ビアンキバイクストアでの車体メンテナンスは、事前予約制となります。
メンテナンスをご希望の方は、ご来店前にお電話にてメンテナンスのご予約をお願い致します。

※ご予約のないメンテナンスのご依頼は、予約されたお客様を優先してご案内させていただくことがございます。

※メンテナンスはBianchi正規取扱店でご購入いただいた車体のみ受付をさせていただきます。

※パーツの取り付け作業について、取り付け作業対象商品を店頭でご購入いただいたパーツのみとさせていただきます。

※お持ち込みパーツについての取り付け作業についてはお受けできませんのであらかじめご了承ください。

自転車整備の保証条件について

メンテナンスの内容や詳細な工賃につきましてはビアンキバイクストア各店へお問い合わせください。

 

Bianchi Bike Store OMIYA
営業時間:11:00 ~ 19:30
定休日:火・水曜日 (祝日の場合は翌平日)

〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-213 AXIS桜木町ビル1F
TEL:048-788-1742