Staff de cycling Part3~東京外周250km…のはずが~

去る4月25日(月)にサイクリングロードをつないで東京外周250km走に行ってきました。


大きな地図で見る

天気は晴れ。気温20℃と走るには最適の気候でした。
コースは江戸川サイクリングロード~利根川サイクリングロード~荒川サイクリングロード
~多摩川サイクリングロードを走る予定・・・でした。。

突然ですが「初めて走るコースは下調べが大切」ですね。。。
スタッフ3名で行ってきたのですが、過去に道に迷い「遅刻魔」のレッテルを貼られたスタッフが2名。
(もちろん私も含まれます。)
今回も約3時間近く(!!?)も迷ってしまいました。

…では。ちょっと長くなりますが報告スタートです。

集合は朝5時。
車の少ない青梅街道を一路東へ。江戸川を目指します。
(この時点で既に道に迷い気味。。)

無事江戸川サイクリングロードに到着し、のんびりペースで北上開始。
河口付近は早朝散歩の方が多く、走る際はお気を付け下さい。

途中小休止をはさんで一気に関宿城へ。

江戸川と利根川の分岐点に築かれた関宿城は、
江戸城の外城として重要視され水上交通の要所を押さえる城。
北条氏康に「一国に等しき城」と評された城だそうです。

河口から60km弱で、往復するには丁度良い距離です。
天気が良ければ天守閣から富士山を拝めるそうなので、機会があれば是非走ってみてください☆

で、実はこの関宿城に着く直前、アクシデントが発生しました。
後ろから来たサイクリストに話しかけられ、気を取られた私は前を走るスタッフ(伊藤)に追突&落車。。
伊藤は左手首を捻挫してしまいました。。
体育会系の伊藤は引き返すことに悔しさを感じたようで、そのまま進むことを決意!!
その心意気は逞しく、最後まで走りきった強者です。

話しを本題に戻し、関宿城から利根川サイクリングロードに入り、更に北上。
羽生市で南下し荒川に向かう・・・予定でしたが、
利根川と渡良瀬川の分岐するあたりで道に迷ってしまいました。。
本来利根川へ向かうところを渡良瀬川方面へ向かってしまい迷宮入りです。。。

お昼ご飯を挟んで迷う事3時間以上・・・。
地元に人に聞きながらなんとか利根川に戻りました。

しかし何の試練か尋常じゃない向かい風・・・。
心が折れそうになりながら羽生の道の駅に到着。
この時点で時間は午後4時30分。
予定のコースを諦め埼玉を縦断し東京に戻ることにしました。

122号を南下し荒川に到着です。
いつも走っている道なので、心からホッとしたのが印象的でした。
その後は環8に入り随時解散となりました。

今回の目的は「250km走ること」。
その目的は無事達成することが出来ました・・・。

250km走る際は補給が大切になります。
水分はもちろん、エネルギー補給を怠ると回復できない程の疲労になってしまいます。
早め早めの補給をお薦めします。

また、初めて走るコースなら分岐点など、事前に調べておくことが大事かと思います。
我々は簡単な地図しか持っていなかったので、大いに苦労しました。
GPS付のサイクルコンピューターやi-phoneなどがあると重宝するかと思います。
私は今回の経験からi-phoneの購入を固く決意しました!!

次回はマウンテンバイクでの山遊びに行く予定です。

お楽しみに☆

担当:matsu☆bara