イタリア・グランフォンド参加レポート by大宮店長

皆さま、こんにちは

大宮店の中村でございます。いつも大宮店ではお世話になっております。

 

実は今回、皆さまにご報告したい事がありまして、

我がBIANCHIの本場、イタリアのグランフォンドに参戦してまいりました。

その名も「FELCE GIMONDI」(フェリーチェジモンディー) です!!

どこかで聞いたことがある方も多いと思いますが、

イタリアのスーパーレジェンドの名を冠した特別なレースなのです!!

 

んー、これを聞いただけでもう「ごちそうさま」(笑)なのですが、

海外のレースはどんな様子なのか肌でビシビシ感じてきましたっ!!

まずはコース内容から、、、

距離:162km 7つの峠を登り、

登りだけで48km

獲得標高は3000mを超える

現在行われている

ジロ・デ・イタリアの

山岳ステージ同様のボリュームだ。

 

それぞれ関東で例えると、、

1つ目の峠は国道20号の大垂水峠

2つ目の峠は東秩父の白石峠

3つ目の峠は有名なSELVINO峠(セルヴィーノ)

性格はヤビツ峠に似ているが実際のところは?

4つ目の峠はピークが2回の群馬の十石峠

5つ目の峠は東京の和田峠

6つ目の峠は榛名ヒルクライム(ハルヒル)の天神峠

いずれも1度走れば必ず達成感を味わえる面々だろう。

レース機材はもちろん我社のフラッグシップモデル

カウンターヴェール搭載のエアロロードOLTRE XR4

マシンは申し分ない。あとはエンジンだけである。

登りで軽さを味方につけて、集団に食らいつき、どこまで粘れるかが勝負だ。

あとは下りで振動除去システムを利用して、ライバルに差をつける作戦だ。(笑)

 

イタリアの日は長く、当日は8時頃まで明るかった。

前日はレストランのピザや地元の方の特製パスタをご馳走してもらい、

とてもいい形でカーボローディングできた。

 

 

続編につづく!!