セラミックベアリング搭載BBのご紹介

 

今回はちょっとだけマニアックなお話。

突然ですが・・・

皆さんBBは何をお使いですかー!?

 

…と、言われてもピンと来ない方が多いと思うので…

BBとは何処にいるのか?何なのか!?

 

まず、BBはここに付いています↓

クランク越しのBB

・・・クランクが付いていると見にくいので、外して見てみましょう。

 

クランクぬいたところ

やっと見えましたね・・・

クランクを外さないとほぼ見えないけれど、見えないところで実は頑張っているできる男、BB氏です

いつかはBB男子と呼ばれるのが私の夢です。

 

続いて、BBとは何なのか

BBBottomBracket(ボトムブラケット)の略称で、ビービーと呼んでます。

BB弾でも、チョ◯ラBBでもないです

ペダリング時にかかる大きな力を受け止め、かつ回転する部分となります。

器用な奴ですよ、ホント( ̄^ ̄)

 

 


 

みなさんご存知でしたか?

BIANCHI STOREでは各種BB(※)の規格に合わせて、

オリジナルカラー回転性能の凄くいいBBを販売しております。

※IDS24コンバーター付きのみ(主にSHIMANOのクランクのみ)

BianchiBB

高精度セラミックベアリング採用により、驚くほどスムーズに回転してくれちゃいます!

何より、アルマイトされたチェレステがチラッとクランクの隙間から見えたらキュンとしちゃいそう|д゚)

 

では続いて性能面のお話

セラミックBBに変えるとどうなるのか!?

実際に違いを見てもらいましょう!

↓まずは交換する前のBBがついたクランクだけを指でプイッと回しところ(チェーン外した状態)

標準のBB

だいたいの完成車に付属しているBBはこんな感じですね

プイッと回して1.75回転くらいでしょうか

 

続いて、セラミックBBに付け替えた時のクランクの回転を見てみましょう

力加減は同じくらいのプイッで回します↓

セラミックのBB

おお、すごい!

9回転以上回ってます!

ここまで回るとは・・・

この回転性能は大きな効果が期待できますね!

それと、クランクの隙間からチラッチラッと見える、輝くBBが魅力的

 

 

ちなみに、回転性能がいいパーツは、高速で回転している時に真価を発揮します。

すなわち、ケイデンスを上げることでその効果を発揮できるようになります!

交換するとケイデンスを容易に上げられるのが実感できるハズです。

クロモリならともかく、いまどきの剛性感のあるアルミやカーボンフレームでは重たいギアでガシガシ踏むよりも、

【ケイデンスを上げて体への負担を減らす作戦】が長距離走るうえでは大事です。

 

とある高校の自転車競技部部長も、クライマー生徒に言っておりました

「ケイデンスをもう30回転上げろ!」

そんなムチャぶりも実現できちゃうかも!?

超ケイデンス

(※アニメの世界観を現実世界に持ってきたイメージです。)

 

 

それと、このBBには剛性があります。

BB自体の剛性を上げると、変な方向へのたわみを最小限にすることが出来、よりスムーズなペダリングを実現できます。

例えば、とある高校の関西弁で赤い髪の毛の生徒は登りで

「スプリントクライムや~!」ってすごい速さで登って行きました。

ただでさえ登りでBB周りに負担が掛かっているのに、スプリントしちゃいますからね、彼は

BBにとっては泣きたくなっていることでしょう。

そんな時にもこのBBの剛性なら涙を見せず、高負荷な状況でも素晴らしい効果を発揮してくれることでしょう。

BB周りの剛性と言うとフレームの剛性に依存しそうですが、実はBB自体の剛性も大きく影響するんですね~

 

 

これまでの事をまとめると…

・ケイデンスが上げやすくなる

 

・体への負担が減る

 

・剛性UPによってスプリント時にも効果発揮

 

などなど…いいことたくさんです!

 

フレームから組み立てる際にはぜひ検討してみてください。

オーバーホールのついでにBB交換というのもいいですね。

 

ではまた~!

 

Twitter:@BianchiYOKOHAMA

Instagram:bianchi_yokohama